パワーポイント SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

powwepointsvg Office

最近SVGファイルの画像が増えてきましたね。今までJPEGやPNGなどのビットマップ画像を主に使用していたのでSVGファイルの扱いに慣れませんね。

私はJPEGやPNGの画像をパワーポイントに張り付ける場合、Windows標準のペイントで画像を開いてコピーしていましたが、SVGファイルをWindows標準のペイントで開くと下記のエラーが表示されてしまい開くことができません。

どうやってパワーポイントに取り込んだらよいか悩みました。色々試した中で今回紹介する方法が一番簡単に張り付けることができたので紹介します。

svg-powerpoint

※パワーポイント2016を使用して紹介しています。

貼り付け手順

SVGファイル自体をコピーしてパワーポイントに貼り付けます。

1.WindowsエクスプローラーでSVGファイルを選択する。
SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

2.「CTRL」+Cを押す。

 SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

3.パワーポイントを起動させる。

SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

4.「CTRL」+ V を押し貼り付ける。

SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

これで下記のように貼り付けができたと思います。

SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

memo

コピー&ペーストで簡単にパワーポイントにSVGファイルを貼り付けることができます。
すごく簡単ですね。

応用:取り込み後の画像編集

SVGファイルを取り込み後、パワーポイントの「図形の塗りつぶし」より画像の色を変更することが可能です。

SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

パワーポイントの画像をコピーしてExcelに張り付けることも可能です。

SVGファイルを簡単にパワポに貼り付ける方法

memo

画像の色変更やExcelに貼り付けることで用途が広がります。

まとめ

画像を選択してコピーして貼り付けるだけでパワーポイントに貼り付けできてしまいます。これまでJPEGやPNGの画像をパワーポイントに取り込む場合、一旦ペイントを起動していましたがSVGは直接貼り付けることができJPEGやPNGファイルより簡単に貼り付けできますね。

SVGファイルのメリットは、PNGやJPEGファイルと違い、画像縮小、拡大に優れ、編集もしやすく汎用性が高いベクター画像です。今回紹介したパワーポイントに取り込むことでこのメリットの恩恵を得ることができます。

JPEGやPNGの画像は、パワーポイントに画像を張り付けた後に拡大を行うと画質が低下しますが、SVGファイルは拡大しても劣化しません。また、パワーポイントでSVGファイルの色を変更することも可能です。むしろ扱いやすい形式だと思います。
今回紹介した方法を利用してSVGファイルを便利に活かしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました