SVGファイルをエクセルに取り込み貼り付ける方法

Excel SVGファイルインポート EXCEL

画像ファイル形式がSVGファイルの場合、画像表示やエクセルに取り込みがしずらいことがあります。今回、SVGファイルをエクセルに取り込む方法を紹介します。

※Excel 2016を使用して紹介しています。

貼り付け手順

タブ内の画像よりSVGファイル選択して貼り付けます。

1.Excelの挿入タブより「画像」を選択する。

SVG-Excel-import

2.svgファイルを選択して「挿入」ボタンを押す。

SVG-Excel-import

3.貼り付け完了です。

SVG-Excel-import

 

応用:取り込み後の画像編集

SVGファイルを取り込み後、図形の塗りつぶしで画像の色を変更することが可能です。

・画像を選択してホームの色変更より変更可能です。

SVG-Excel-import

補足:SVG画像無料おススメダウンロード先3選

icon-rainbow

SVG-Excel-import
アイコンの素材数も多くPNG、JPG、SVGを選択してダウンロードすることができます。

  • 会員登録不要利用可能
  • 商用利用可能
  • 再配布不可
  • クレジット表記不要

リンク先:icon-rainbow

ICOOON-MONO

SVG-Excel-import

アイコンの素材数も多くWEB上で色やサイズも変更できます。
こちらもPNG、JPG、SVGを選択してダウンロードすることができます。

  • 会員登録不要利用可能
  • 商用利用可能
  • 再配布不可
  • クレジット表記不要

リンク先:icooon-mono

iconmostr

SVG-Excel-import

1つのアイコンに対してタイプが豊富です。
PNG、EPS、PSD、SVGを選択してダウンロードすることができます。

  • 会員登録不要利用可能
  • 商用利用可能
  • 再配布不可
  • クレジット表記不要

リンク先:iconmonstr

まとめ

SVGファイルのメリットは、PNGやJPEGファイルと違い、画像縮小、拡大に優れ、編集もしやすく汎用性が高いフォーマットです。今回紹介したExcelに取り込むことでこのメリットの恩恵を得ることができます。

一般的な画像ファイル(png,bmp)は、Excelに画像を張り付けた後、拡大を行うと、画質が劣化しますが、SVGファイルは、拡大しても劣化しません。また、ExcelでSVGファイルの色変更することも可能です。むしろ、一般的な画像ファイルより扱いやすい形式だと思っています。

今回紹介した方法を利用して画像を取り込み、SVGファイルを便利に活かしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました